辛いうつ病の症状も自分に合った病院で治療を受ければみるみる改善させられる

日本でどんどん増加傾向にある病気にうつ病があります。これはまだ不明なことも多い病気ではありますが、しっかりとした治療によって改善できる病気でもあります。人によって最適な治療方法は異なりますし、何より症状も様々なのがうつの特徴です。始めて自分が直面することになれば、誰しもが戸惑ってしまうのが精神的な病なのです。
どのような病院に頼れば良いのか、どうやってうつ病と付き合っていけば良いのか、右も左もわからないという人のために、うつに関する基礎知識についてまとめていきます。

治療方法

中々難しいうつ病治療ですが、治療できない病気ではありません。できるだけストレスを減らし、病院でのカウンセリングを利用しつつ自分に合った治療方法でうつ病と向き合う必要があります。
昔はとりあえず薬、とりあえずカウンセリングというような治療しかなく、その場その場での対応でしかありませんでした。しかし、近年ではうつ病の治療にも様々なバリエーションが登場するようになっています。脳の影響によってうつ病状が強く出ている人には、磁気刺激治療というものが使われています。これは磁気刺激によって脳の活動を活発にし、セロトニンのような脳内物質の減少を改善する力があります。
脳の血流を改善したり、体の代謝機能を上げたりすることにより、体全体が正常に働くようにしているのです。
磁気刺激による治療は副作用が殆どありません、薬よりも遥かに安全で確実な効果を得られる治療だと考えている人もいるのです。

カウンセリングの治療を行う場合には、自分と本当に相性が良い先生と話すことが必要になります。先生との相性が悪ければ、カウンセリングに大切な会話が苦痛に感じたり、自分の思っていることを素直に話せなくなったりしてしまいます。ですから、カンセラー選びは非常に重要なのです。
この治療は特別何かをするというわけではなく、その人と話すことに意味があります。カウンセラーのように精神的なものについてしっかりと学んだ人と話すことで、これまで自分でも気づいていなかった、封じ込めていた辛い記憶や経験にストレスの原因などを解明し、解決していけるきっかけになるのです。
カウンセリングは上記のような難しい話だけでなく、単純に自分の不満や不安を他人に話すことでストレスを解消するという効果もあります。

もう1つ、うつ病の代表的な治療方法に投薬があります。どんな薬を必要とするのかは本人次第であり、同じうつ病と診断されていたとしても人によって薬の処方箋はまったく違います。
うつ病の治療薬は病院や先生によっても扱い方や扱う種類が違いますが、大きく分けてうつ症状を緩和する抗鬱剤、不安感を軽減する抗不安薬、精神安定剤や睡眠薬などが使われます。
同じ抗鬱剤の中にも作用によって違う種類に分けられているものがあり、更に副作用や人との相性もありますから、実際に服用して合わないと感じれば正直に先生へ伝えて下さい。
合わない治療薬を利用し続けることにより、精神的な病気が悪化したり、ときには全く関係がない別の臓器に影響がでたりすることもあります。余計な病気の悪化や発症を防ぐためにも、治療薬は気軽な気持ちで使わないようにして下さい。

また、患者さんの中にはうつ病の治療薬を医師の指示以外の方法で服用している場合があります。1回で大量に飲んだり、噛み砕いてから服用したりという行為は非常に危険な上に、心臓や腎臓を弱らせることにも繋がります。
これらの治療薬はサプリメントではなくれっきとした薬ですから、当然体にも副作用や負担がかかります。用法用量を守らなければ治療効果も見込めませんから、医師の指示には必ず従うようにして下さい。