辛いうつ病の症状も自分に合った病院で治療を受ければみるみる改善させられる

日本でどんどん増加傾向にある病気にうつ病があります。これはまだ不明なことも多い病気ではありますが、しっかりとした治療によって改善できる病気でもあります。人によって最適な治療方法は異なりますし、何より症状も様々なのがうつの特徴です。始めて自分が直面することになれば、誰しもが戸惑ってしまうのが精神的な病なのです。
どのような病院に頼れば良いのか、どうやってうつ病と付き合っていけば良いのか、右も左もわからないという人のために、うつに関する基礎知識についてまとめていきます。

治療薬

うつ病の治療に利用されている薬には様々な種類があります。まず、代表的な治療薬として抗鬱剤がありますが、これにはSSRIとSNRIとそれ以外があります。
これは薬の作用方法によって種類分けされており、特に名称が決まっていないタイプの抗鬱剤は四環系などと呼ばれることもあります。これは脳に直接作用する治療薬であり、テシプールなどがそれにあたります。自律神経を安定させて憂鬱な気持ちを軽減させてくれます。
無気力状態を治療してくれることもありますし、過食症や拒食症の治療に使われることもあります。これらの治療薬は脳内にあるノルアドレナリンという物質を増加させ、うつ状態によって鈍くなっている神経をしっかり動かすようにしてくれます。
この治療薬は単体で利用することもありますが、SSRIなどの薬と一緒に利用することもあります。

次に現在主流となりつつあるSSRIという薬ですが、これはセロトニン再取り込み阻害剤といわれています。うつ病に大きく関係しているといいわれるセロトニンですが、これは脳内で勝手に分泌され、時間が経過すると再度取り込まれて新しいものが分泌されるという循環になっています。
うつ病になるとセロトニンの分泌量が減少しますが、そこでこのSSRI系の治療薬を利用すれば再吸収を防ぐことができます。吸収されなくすれば、セロトニンは分泌だけを繰り返すようになり、勝手に脳内のセロトニン量は増加します。
これによってうつ症状を緩和しようという薬なのです。

次にSNRIという治療薬ですが、これはセロトニンだけでなくノルアドレナリン再取り込み阻害薬といわれています。上記で紹介した薬の効果にノルアドレナリンの再吸収阻害効果を付け加えたものになります。
これはうつ症状の緩和だけでなく、気力の低下や倦怠感を改善する効果があるといわれています。